カナガン 猫 腎不全

腎不全がご飯で予防できる!?猫ちゃんの健康を守ろう!

ご飯は毎日食べるものなので、猫ちゃんの健康に直接関係があるものでもあります。

 

カナガンに含まれている材料の中には、猫ちゃんの健康維持に必要なものがたくさん含まれています。

 

ここでは、そのうちの3つをご紹介します!

 

ハーブの効能
カナガンに含まれているハーブ類は、ハーブティーとして利用されることも多いです。マリーゴールドには、肌を整えたり抗炎症作用もあるため、昔から頭痛や熱に対する薬として使われていました。

 

カモミールも、イギリスで最も古くから知られていた薬用植物になります。効能としてはマリーゴールドと同等ですが、それに加えて、アレルギー改善に効果が高いといわれています。

 

これらの成分が、毛並を良くしたり、体調を整える一助になるようですね。

 

タウリン2200mg/kg配合!
猫ちゃんの体内で作ることが出来ない必須アミノ酸である『タウリン』が、カナガンには多く含まれています。

 

タウリンの働きとしては、目・心臓・肝臓の健康を保ち、成長発育を促進します。

 

タウリンが不足してしまうと、これらの組織に異常が生じてしまうことがあるので、注意が必要です。

 

タウリンを過剰摂取した場合、不要なものは尿中に排出されるため、副作用等の心配はありません。

 

なので、安心してご飯を食べてもらえます。

 

尿路結石予防にクランベリー!
猫ちゃんに多い病気として、腎臓疾患が挙げられます。

 

中でも、尿路結石は食事や水分の摂取で予防可能です!加えてカナガンには、クランベリーが含まれています。クランベリー中に含まれるキナ酸には、尿を酸性に保つ働きがあります。

 

尿路感染症再発予防効果も臨床試験により認められているので、信頼性は高いですね。
また、十分に水分を摂取できる環境にあれば、pHコントロールも可能です。

 

 

キーワード:カナガン 猫 軟便
急な軟便!カナガンで体調が崩れてしまった時の対処法

 

カナガンにはとても良い効果がみられる一方で、ご飯を変えたばかりだと不調を訴えることもしばしばです。そこで、体調が崩れてしまった時の対処法をまとめてみました!

 

ご飯を食べなくなる
評価が低い口コミの中でも、ご飯を食べなくなったというものをよく聞きます。

 

我が家の猫さんもカナガンだけをあげてみると匂うだけでそっぽを向いてしまいました。

 

肉類の独特な匂いは市販のキャットフードで育った猫ちゃんには不向きな場合もあります。

 

なので、カナガンを初めてあげる場合はいつものご飯に混ぜてみましょう。

 

毎日少しずつカナガンの量を増やしてみてください。慣れてくれるまでに時間がかかる場合も多いので、猫ちゃんのペースに合わせて増やしてみてください!

 

2.お腹を壊してしまう
カナガンには他のご飯に比べて繊維質がやや少なめで、脂質がやや多い傾向にあります。

 

特に毛玉ケア用のご飯を食べていた子はお腹を壊す確率が高くなってしまいます。なので、急激なご飯の変化はおすすめできません。

 

少しの間様子を見て、治らないようであれば獣医さんに相談してみましょう。

 

目やにやかゆみが出てしまう
タンパク質が多いご飯を食べていると目やにが多く出てしまうときがあります。

 

これは、過剰分のタンパク質を排出する働きなのでこまめにふき取ってあげましょう!

 

痒みが出る場合は、湿疹などが出てはいないか確認してみましょう。猫ちゃんの中には鶏肉にアレルギーを示してしまう子もいるので、気を付けてあげると安心です。

 

まとめ
カナガンを食べて不調が出る場合は何かしらの原因があると考えられます。

 

ですので、しっかり猫ちゃんの状態を確認した上で、しっかりと対応してあげることが大切ですね。

 

カナガン自体には、体調を整える働きをする成分がたくさん含まれているので、猫ちゃんの健康にはいい影響があるのではないでしょうか。